木材塗料の基礎

木材塗料の基礎

08.着色について

8-6.着色剤の種類
 

8-5項にて色剤について解説いたしましたが、実際に透明な塗料に色剤を加える際に、染料や顔料をそのまま添加すると溶解不良や分散不良になります。そのため、容易に添加できるように、あらかじめ色剤を溶解や分散したものをステイン「着色剤」といい、色剤や合わせる塗料ごと、また、用途に合わせて数多くのステインがあります。

種類 材料
素地着色(木地着色) 染料系着色剤 水性ステイン 酸性または直接染料を主体とした水溶性ステイン
油性ステイン 油可溶性染料を石油系有機溶剤に溶かしたもので、3%程度のゴールドサイズなどが入ったもの
アルコールステイン 酸性染料をアルコール系溶剤に溶かしたもの
NGRステイン 酸性塗料を主体とする特殊なアルコールステイン
万能ステイン 酸性染料や含金酸性染料にメタノールを含まない有機溶剤(エステル・ケトン系)に溶解したもの
顔料系着色剤 水性ステイン 微粒子顔料を水に分解させたステイン
油性ステイン 微粒子顔料を石油系溶剤に分散させたもので、乾性油・油性ワニスを混合したもの
アルコールステイン 微粒子顔料をアルコール系溶剤に分散させたもの
万能ステイン 微粒子顔料を有機溶剤(主としてエステル・ケトン系)に分散させたもの
目止め着色剤 水性目止め剤 との粉と水を練り合わせた、との粉目止め剤に各種水性着色剤を混合させたもの
油性目止め剤 硫酸バリウム・シリカ・タルク等の体質顔料とボイル油や油ワニスを加えて、テレピン油か塗料用シンナーで希釈したもの
溶剤系目止め剤 シリカやタルク等の体質顔料と合成樹脂(ポリエステル樹脂・アルキッド樹脂)からなる目止め剤に染料・顔料系万能ステインを混合したもの
化学薬品着色剤 アンモニア、酸、アルカリ、中性金属塩等の薬品。
例えば、過マンガン酸カリ、重クロム酸カリ、木酢酸鉄、硫酸鉄などがある。
塗膜着色 ステインシール NGRステインなどに少量の樹脂又は、塗料を配合したもの
トーナー シーラーステイン 各塗料系の下地塗料(ウッドシーラーなど)に染料・顔料系のステインを混合したもの
カラークリヤー 各塗料系のクリヤー(艶あり)・フラット(艶消し塗料)に染料・顔料系ステインを混合したもの
シェーディングステイン 染料・顔料系着色剤を塗料の中に混入したもの
グレージングステイン 一種のオイルベース・ピグメントワイピングステインで、下塗り後に行う