木材塗料の基礎

HOMEコンテンツ木材塗料の基礎09.木材用塗料の種類9-4.不飽和ポリエステル樹脂塗料

木材塗料の基礎

09.木材用塗料の種類

9-4.不飽和ポリエステル樹脂塗料
 

美しくぴかぴかと光り輝き、鏡のような歪みのない映像を映しだしてくれる塗装の仕上げには、不飽和ポリエステル塗料が使われていることが多い。この不飽和ポリエステル塗料は、一般的に「ポリ」と言われることが多く、品位のある高級仕上げとして親しまれています。
この塗料の乾燥機構は、ラッカー、ウレタンと異なり、化学的なラジカル重合によって硬化し、常温ではほとんど揮発する物質がなく、塗装時そのままの状態で塗膜を形成する為、数100μの厚塗りが可能です。
塗装時には、ポリエステル樹脂にスチレンモノマーを加えた物に硬化剤である有機過酸化物、それに促進剤であるナフテン酸コバルトをそれぞれ加え、硬化させます。

【ポリエステル塗料の空気の遮断方法】
ポリエステル塗料は、硬化させるときに空気から塗膜自体を遮断する必要があります。
その遮断方法に大きくは2種類あり、遮断方法の違いで塗料自体も2つのタイプが存在します。

塗料タイプ 遮断方法 特徴
ワックス パラフィンワックスを塗膜表面に析出させ、空気から遮断する。 正常にワックスを表面に浮かせるためには温度管理、風の管理が必要。
又、温度によってワックスの選定も必要。
ノンワックス 塗料中にアリル基を配合し、その成分が空気と反応し皮膜を作ることで遮断している。 ワックスタイプに比較して管理は簡単だが塗料単価は高い。

【塗料の用途と特徴】
◆用途
中塗りから上塗りに使用される。
その肉持ちを利用し、主には中塗りに利用される場合が多いが、ポリエステル塗料をバフ磨きをする事で艶を出し、上塗りとする例もある。(ピアノ塗装)

◆長所
①肉持ちがよく、一度に数100μの厚塗りが可能。
②光沢性、透明性、深み感がある。
③硬い塗膜
④経時後の塗膜ヤセが少ない。
⑤化学的に優れた塗膜が形成され、耐薬品性に強い。

◆短所
①塗装時、可使時間が短く(20分程度)扱いにくい。
②木材中のヤニ成分で、硬化不良を発生する。
③塗装時にピンホール、タレ、ユズ肌等を起こしやすい。
④未乾燥時の研磨粉による発火に注意しなければならない。