木材塗料の基礎

HOMEコンテンツ木材塗料の基礎07.塗装工程の種類と工程の詳細7-4.セミオープン塗装(セミオープンポアー仕上げ)

木材塗料の基礎

07.塗装工程の種類と工程の詳細

7-4.セミオープン塗装(セミオープンポアー仕上げ)
 

セミオープン塗装(セミオープンポアー仕上げ)とは、導管以外は平滑に仕上げ、導管部を2割から8割程度塗料で埋める塗装です。塗装の膜厚を確保しながら、木材の特有な肌に仕上げることができる。この仕上げは、塗膜の形成状態がオープン塗装と鏡面仕上げの中間的な塗装です。

【セミオープン塗装塗膜断面図】

【失敗例:セミオープン塗装塗膜断面図】

【セミオープン塗装工程例と各工程の注意事項】

工程 ポイント
木地調整 素地のしみ、傷、接着剤のはみ出し、油、毛羽等の除去。
着色 目止着色時に鏡面塗装とほぼ同等に導管を詰めることがポイント。
下塗り 下塗りは高粘度の塗料を無理に塗装せず、流動性を確保し導管のシールを第一義とする。シールが不完全な場合は、回数を重ねる。
中塗り 塗料の粘度に注意し、導管に流れ込むように塗装する。
肉持ちが足らなければ、回数を重ねる。

研磨 塗面が平滑になる様、均一に当てる。
カラーイング 補色については、上塗りに使う同じ塗料で、希釈を多くした低粘度の塗料に着色剤を添加することが望ましい。
上塗り 上塗りについては、最終仕上げで重要なポイントを占めており、ゴミ、ホコリ、レベリング、ツヤムラのない仕上げで、輸送中の荷ズレ性にも、気を配る必要がある。