木材塗料の基礎

木材塗料の基礎

06.工程の組み立て

6-1.工程の組み立て
 

木工塗装をする際には、まず、木材を最終的に、どのような色合い、風合い(木理の現れ方、艶、平滑性、質感等々)にするのかを明確にし、その上で塗装工程を決定し、また、色の表現のため、着色の工程をどの工程で行なうのかをあらかじめ、決定する必要があります。
以下が最初に明確にしておくポイントになります。

【感覚的効果】

【塗装表面の状態】