木材塗料の基礎

木材塗料の基礎

05.塗装前の準備

5-2.木地の検査
 

木材は生物です。また、その内部は細胞組織で複雑です。また、外部条件としての温度、湿度、木材の乾燥、または木取り加工、漂白、接着などの条件により、素地面も多様化されています。
また、木工塗装は木の持っている美しさを最大限生かして、表現する塗装でもあるので、特に塗装面の状況を理解する必要があります。

【確認する項目】
①平滑に加工 合板の浮き、加工時の傷
②接着部の隙間 単板の隙間、割れ
③汚れ 手垢、機械油、煤煙、接着剤の付着
④腐れ、虫穴、他 充填剤で修正→埋木、こくそ、焼ラック
⑤木材の色ムラ 漂白→素材を修正する(※木材の漂白剤の種類:過酸化水素系、亜塩塩素酸ソーダー、蓚酸溶液 他)