木材塗料の基礎

HOMEコンテンツ木材塗料の基礎11.塗装の問題と対策11-4.工程毎の問題 -ウレタンフラット編-

木材塗料の基礎

11.塗装の問題と対策

11-4.工程毎の問題 -ウレタンフラット編-
 
原因 対策・処理方法
レベリング不良 ①粘度が高すぎる
②乾燥が速すぎる
③シンナーの不適
④外圧が高すぎる
⑤内圧不足
⑥塗布量不足
⑦カラーイングのレベリング不良
⑧ブースの風量過多
⑨塗料と被塗物との温度差
⑩増粘
①粘度調整
②リターダー添加、或いは粘度を下げる
③シンナーを変えてみる
④外圧を下げるか、内圧を上げる
⑤ガンを絞りすぎていないか、オーバースプレーによるものであればリターダー添加
⑥内圧を上げるか、運行速度を下げる
⑦内圧、粘度、運行速度により調節
⑧エアーダンパー等で風の調整
⑨塗装場に塗料を入れ塗料温度を調整する
⑩粘度チェックをこまめにする
艶消しムラ ①塗布量オーバーによるズレ
②被塗物との温度差
③塗布量不足
④撹拌不足
①外圧を上げる、或いは内圧を下げ塗出量<霧化エアーにする。低温時は粘度を高めに、シンナーは早い物を使用する
②塗装現場に塗料を入れ塗料温度を調整する
③適正な塗布量を確保する
④塗料の配合は規定どおり行い、攪拌は十分に行なう
艶消し異常 ①塗布量に差がある
②リターダーの過剰添加
①塗布量が多くなれば艶が出て、少なくなれば消える
②リターダーの添加は5~10%程度に抑える
タレ ①リターダーの過剰添加
②粘度の低すぎ
③スプレーノズルの異常
①リターダーの添加は5~10%程度に抑える
②粘度は適正な粘度を維持する
③スプレーパターンの確認し、汚れや不釣合いがある場合は対処する
白化 ①高い湿度 ①温度を上げる、一度の厚塗りを避ける、リターダーの使用
油分白化 ①人体の油や金具の油
②コンプレッサーからの油
①シンナー、中性洗剤等で前処理
②オイルドレインのチェック、配管のチェック、斑点状の物